本文へ移動

保護者の皆様へ

行事予定

カレンダー

2021年5月
園のようす
きく組(5歳児)
さくら組(4歳児)
お正月前から始まったすごろく遊び。やり方もすぐに覚え、友だちと一緒に競い合いながら遊ぶことを楽しんでいます。何種類もある双六を交換し「今度はこっちのやりたい!」と言いながら繰り返し楽しんでいます。「自分たちでも作ってみたいね。」と話しているのを聞き、どんな双六が出来上がってくるか楽しみです。

 雪が園庭にも積もり、大喜びの子どもたち。「早く遊ぼう。」と朝からそわそわしていました。園庭に出ると、雪合戦をしたり、雪だるまやかまくらを作り始めました。年長児が大きな雪玉を作っているのを見て「転がすと大きくなるんだって。」とやり方を教えてもらいながら、友達と一生懸命作っていました。帰りには、ほとんど雪も溶けてしまい「また雪降ると良いな。」と楽しみにしていました。
すみれ組(3歳児)
たんぽぽ1組(2歳児)
園庭に積もった雪に大喜び。先生の雪かき用のスコップを見つけ、「これ貸して!」と持って行き増した。先生の真似をして雪をたくさん集めていました。「あつめた雪で何つくろうか?」と話すと「雪だるま!!」と答えてくれたので床だるま作りがスタート。「手がつめたいよー」と言いながらも、先生と一緒に可愛い雪だるまをつくることができました。
 うさぎ組ではカフェがオープンし、子どもたちが作ったケーキや飲み物を店員になって「いらっしゃいませー」と呼びかけています。「ピッ」と商品を読み取ることが楽しく何度も「ピッ」「ピッ」とレジ係をしています。
たんぽぽ2組(1歳児)
たんぽぽ2組(0歳児)
「氷だよ!!」と大きな氷をみんなに見せると、始めは不思議そうにしていましたが、ツンツンとそーっとさわる子も出てきました。さわると冷たかったようで、「つめたい?」と保育者が聞くと「ちべた!!」と言い、友達と顔を見合わせていました。
 
自分でシールを貼った紙皿をコマにしました。嬉しそうに手に持っていましたが、回すことは難しく保育者が回すとじーっと見たり、回るコマをつかんだりして楽しんでいました。



TOPへ戻る